PPT2FlashSCORM準拠のeラーニング教材を作ろう!

サポートセンターから

変換可能な「書体」と「線」について

Q. どのような書体(文字フォント)に変換対応していますか?また、どのスタイルの線が変換されますか?

A01. まず、対応フォントに関しましては、基本的にはWindows標準で入っているもの(TrueTypeフォント)が対象ですが、残念ながら以下のフォントには対応外となります。(WindowsXPとPowerPoint2003での変換結果となります。)

● PowerPoint2003で、変換対応外の文字フォント
1.「HGS創英角ポップ体」
2.「DF平成ゴシック体W5」
3.「DF平成明朝体W3」
4.「Dotumche」
5.「Estrangelo Edessa」
6.「Gautami」
7.「Latha」
8.「Mangal」
9.「MV Boli」
10.「Raavi」
11.「Shrutil」
12.「Tunga」
13.「HGP創英角ポップ体 」

● PowerPoint2007で、変換対応可能な日本語フォント
1.「MS Pゴシック」
2.「MS P明朝」
3.「MS UI Gothic」
4.「MS ゴシック」
5.「MS 明朝」

*順次、PPT2Flashのバージョンアップで、対応文字フォントを増やしていきますので、宜しくお願い致します。

A02. PPT2Flashでは、PowerPoint内13スタイルの線の内、2重線を除いた9種類のスタイルに変換対応となります。(*注意:赤線の枠内のスタイルは、変換対応外となりますので、挿入する際には、画像として保存し再挿入してください。)


「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:w.chae

このページを印刷 このページを印刷