PPT2FlashSCORM準拠のeラーニング教材を作ろう!


Q. 変換したFlashファイルをWebサイトにアップロードするには?

A. アップロードには二つの方法があります。
以下の手順で行ってください。

方法1

  1. 例えば、TESTという名前のPowerPointファイルがあり、これをFlashに変換するとします。
  2. 変換が終了すると、PPT2Flash Professionalは出力用ディレクトリの下部に、TESTという名前のフォルダが生成されます。
  3. その後、TESTフォルダを、Webサイトのフォルダにアップロードします。
  4. プレゼンテーションをサーバに保存した後、PPT2Flashが生成したフォルダ内にあるindex.htmlに対してリンクを張ります。
    Webサイトの訪問者がリンクをクリックすると、Flashプレゼンテーションが起動します。

方法2

  1. 変換終了後に出力フォルダを開き、変換されたファイルを検索します。
  2. 出力フォルダ内にある「data」フォルダには、slide1.swf、slide2.swf、 slide3.swf・・・という名前のファイルがあります。
    その上で、「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」「Wondershare」「PPT2Flash Professional」「Flash Merger」と進みます。
    Flash Mergerが起動した後、「swfファイルを追加…」ボタンを押すと、「ファイルを開く」ボックスが表示されます。
    ここでファイルを指定し、FlashMerger右側の「ファイルリスト」ウィンドウに追加します。
    再生されるswfファイルの順番は元のプレゼンテーションの順番と一致していなければなりません。
    (1つのswfファイルが1枚のスライドに該当します)
    そうでなければ、変換後のスライドの順番は元のPowerPointファイルの設定を満たさなくなります。
    代替的な方法としては、全てのスライドを追加した跡でウィンドウ横の「▲」「▼」ボタンでスライドの順番を調整します。
  3. 「設定」ボタンを押して、全てのswfファイルの詳細な設定を調整することができます。
  4. ステップ3.の終了後、「結合…」ボタンを押すと、結合されたswfファイルが格納された出力フォルダが表示されます。
    Flash動画をWebページに挿入するか、Flash動画が収納可能なサーバにアップロードしてください。
    その後、配信が可能になります。
このページを印刷 このページを印刷