PPT2FlashSCORM準拠のeラーニング教材を作ろう!


Q.パワーポイントに音声ファイルを挿入し、変換したら、音質が低くて聞きにくいです。

A.まず、以下のように、音声ファイルはPowerPoint側から挿入されているかをご確認ください。

PowerPoint側の、「挿入」-「ビデオとサウンド」-「ファイルからサウンド」

また、音声ファイルの周波数をご確認ください。

PPT2Flashで、音声ファイルを変換する際には、
「11.25kHz」・「22.5kHz」・「44.1kHz」の中から、周波数を設定する必要があります。
「44.1kHz」の場合が、CD音質の設定になりますので、お勧めします。

それでも音質が低い場合
上記を試しても音質が改善されない場合(元ファイルの音質は良いのに、変換後ひどい音質になる)、音声変換エンジンと音声ファイルの相性の問題が発生している可能性があります。このような場合、音声ファイルの形式を変更すると、問題を回避できる場合があります。例えば、音声ファイルをmp3で添付している場合、音声ファイルをwav形式に変換して挿入しなおす、とい形になります。

このページを印刷 このページを印刷