PPT2FlashSCORM準拠のeラーニング教材を作ろう!


パブリッシュの再生設定

パブリッシュ時の「再生設定」について説明します。ここではファイルのパスワード設定、再生の設定、プレゼンテーションの再生後の動作の設定について説明します。

再生設定

再生設定

パスワード保護

変換されたファイルにパスワードによる保護を設定できます。パスワードは確認の為2回入力して下さい。再生時に設定されたパスワードの入力が要求されるようになります。

パスワード保護

パスワード保護

再生設定

繰り返し再生:プレゼンテーションを繰り返し再生したい場合、このオプションにチェックを入れて下さい。
Flashプレイヤーの右クリックメニューを表示する:
変換されたプレゼンテーションの再生時に右クリックで再生メニューを表示させる場合、
このオプションにチェックを入れて下さい。

再生条件設定

再生条件設定

Flashプレイヤーに印刷ボタンを表示する:
変換されたプレゼンテーションの再生時に“印刷”ボタンを表示する場合にはこのオプションにチェックを入れて下さい。

ミュート状態で再生を開始:
無音状態でプレゼンテーションの再生を開始する場合はこのオプションにチェックを入れて下さい。

前回終了時のスライドから学習を再開する:
このチェックを入れておくと、Flashファイルは前回学習を終了した時のスライドを記憶し、
学習再開時に、中断部分から再開するか、最初からやり直すかを尋ねてきます。

SCOにスライドが1つしか含まれていない場合にコントロールバーを隠す:
プレゼンテーションにスライドが1枚しか含まれていない場合に、自動的にコントロールバーを隠すにはこのオプションにチェックを入れてください。

Flashファイルの~%読込み後再生開始:
Flashムービー全体の読込み完了を待たずに、読み込み中に再生を開始するように設定できます。

プレゼンテーション終了後の動作

PPT2Flash Professionalでは、プレゼンテーションが終了した後の動作を設定できます。

プレゼンテーション終了後の動作

プレゼンテーション終了後の動作

このURLに移動:
この欄に所定のWEBサイトのURLを入力します。プレゼンテーションが終了すると、設定されたURLがブラウザで開かれます。

ウィンドウを閉じる:
このオプションを選択すると、プレゼンテーションが終了すると同時に閉じられます。

※この動作は、Internet Explore系のブラウザでのみ動作確認がとれております。
※Chrome、FireFox等をご利用の場合は、ご注意下さい。
※予め、試用版等でご確認頂ければ幸いです。

このページを印刷 このページを印刷