PPT2FlashSCORM準拠のeラーニング教材を作ろう!


プレビューの方法

プレゼンテーションをパブリッシュした後で、PowerPointのPPT2Flashメニューから“プレゼンテーションを参照”をクリックすると、Flashムービーのプレビューができます(プレビュー実行前に一度ファイルを書き出す必要があります)。

プレーヤーの形態は設定によって様々ですが、使用するボタンは似通ったアイコンを使っています。下図は”Innovative(note)”テンプレートを利用した場合のスクリーンショットです。他のテンプレートの場合でも、ボタンの機能は同一です。 template.png

  • 再生コントロール1. 再生/一時停止ボタン :Flashファイルを開くと自動的に再生されます。
    プレゼンテーションを一時停止したい場合や再開したい場合にクリックします。 

    2. 移動ボタン: 前のスライドに移動する場合は player-previous.jpg ボタンを、
    次のスライドに移動する場合は play-next.jpgボタンをクリックします。

    3. プログレスバー:全体のプレゼンテーションの中で現在のスライドがどのあたりなのかを表示します。

    4. プレビューウィンドウ :プレゼンテーションが表示されるメインウィンドウです。

    5. 音量調整 :プレゼンテーションの音楽やナレーションの音量を調整します。

    6. ペンツール :このボタンをクリックして、ペンツールを有効/無効にできます。初期設定では無効になっています。
    ペンツールを有効にすると、PowerPointのペンツールと同様に、スライドに下線や丸などを描くことができます。
    スクリーンをダブルクリックすると、書き込まれた線などは消去されます。
    また、他のスライドに移るときに書き込みは消去されます。

    7. 外観切り替え :一度クリックすると、製作者情報パネルを隠すことができます。
    再度クリックすると、コントロールバーを隠します(再生/一時停止ボタン、移動ボタンとこの切り替えボタンだけが表示されます)。
    3度目にクリックすると元の状態に戻ります。

    8. 添付ファイル: このボタンをクリックすると、プレゼンテーションに添付されたファイルを見ることができます。
    添付ファイルはダブルクリックで開きます。

    9. 印刷 :現在のフレームを印刷します。

    10. ノート :現在のスライドにつけられたノートを表示します。

  • 情報ペイン11. スライド一覧 :プレゼンテーションの構造を見る場合には“目次”をクリックします。
    スライドのサムネイルを見る場合には“サムネイル”をクリックします。
    スライドのタイトルなどを検索する場合には、“検索”をクリックしてキーワードを入力します。 

    12. ロゴ:設定されたロゴが表示されます。

    13. 作成者画像:作成者または著者の画像が表示されます。作成者の名前がその右側に表示されます。

    14. 説明文:作成者の詳細情報が表示されます。

    15. Eメールアドレス:作成者のEメールアドレスが表示されます。

このページを印刷 このページを印刷